ライン

今月のお話

ライン

「分別(ふんべつ)」・・・



          


早いもので今年も残すところあと数週間となりました。
皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか。

振り返りますと、
とにかく自然災害が多かったように思いますし、
また社会を震撼させる事件事故もありました。

ただ、日々溢れる情報の中で
少しずつ忘れ去られていくのが今の時代。
それで余計に一年が早く感じるのでしょうかね。

そうして、師走は大掃除の季節。
ゴミの回収も年末は普段と違って回数が増えてきます。
燃える、燃えない、資源その他と分別作業も大変ですね。

今回の「分別」という言葉、
ゴミの仕分けのことではありません。
サンスクリット語の「ヴィルカルパ
もしくは「カルパナー」の訳語として使われる仏教語です。
意味は心が外界の物事を慮(おもんぱか)り、
善悪や苦楽を区別するということ。

しかし、これは煩悩に囚われた凡人が作り出す、
我欲の妄想世界で、仏教が目指すのは「分別」を
超えた「無分別」の境地なんですね。
言葉だけ見たら無分別なんてと思うでしょうが、
もとの意味を考えますと、難なくわかる気がしませんか。

ゴミ出しは分別して、心はきれいに無分別…。

とにかく、今年のうちにしっかり掃除をして、
気持ちをあらたに新年を迎えるとしましょうか…。


さて、
今はご葬儀やご供養も様々な形があります。
しかし、すべてを相談できるお寺は意外と少ないかもしれません。
当院では、皆さんのそうしたお悩みにしっかりお応えしております。
葬儀、法要、お参りやお墓のこと納骨のこと、
そして永代供養をご一緒に考えてみませんか。
ご連絡頂けましたら、随時ご案内申し上げます。
どうぞ、いつでもお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

☆あらためまして、
 この一年、皆様には大変お世話になりましたこと心より御礼申し上げます。
 どうぞ、来年も当院をよろしくお願い申し上げます。
 皆々様、良いお年をお迎えください。

                                                     合掌


法話アーカイブ 


Copyright (C) 徳臧院. All Rights Reserved.