ライン

今月のお話

ライン

「見性成仏(けんしょうじょうぶつ)」・・・



          


あらためまして本年も当院をよろしくお願い申し上げます。

昨年末から寒波がやってくるのを戦々恐々、待っていたわけですが、
幸いに大きな被害もなく、穏やかな年明けとなりましたね。

正月七日を過ぎて、いつもの生活が始まりますと、
慌ただしくもあり、どこか安心する気持ちもあり…。

そうして、平成最後の冬をつらつらと思うのは大人だけでしょうか。

若い人たちからは、早くも今年のゴールデンウイークが
10連休になるのでどこへ行こうかといった声が聞こえてきます。

心の在りようで、物事の見方や感じ方は実に様々なんです。


閑話休題、
見性成仏というのは、
直指人心(人の心を指し示す)と合わせて用いられることが多い禅の言葉で、
見性、人がもともと持っている心の動きを見極めるということ。
そして成仏、迷いを抜けて悟りを得ること。を意味します。


自分の心と向き合うことは簡単そうで実に難しいもの、
ともすれば感情に流され、ざわざわと波打ち、
すぐに隠れてしまうでしょう。


今年は新しい時代の幕開けです。
心静かに自身の心と向き合ってみませんか。


さて、
寒さはこれからが本番です。
どうぞ、お体に気をつけてお過ごし下さい。
また、春のお彼岸に備えて、法要、お参りやお墓のこと納骨のこと、
そして永代供養をご一緒に考えてみませんか。
家族葬をはじめご葬儀についてもご相談ください。
当院は皆さんのそうしたお悩みにしっかりお応えしております。
ご連絡頂けましたら、随時ご案内申し上げます。
どうぞ、いつでもお気軽にお問い合わせください。


ありがとうございます。

☆あらためまして、
 この一年、皆様には大変お世話になりましたこと心より御礼申し上げます。
 どうぞ、来年も当院をよろしくお願い申し上げます。
 皆々様、良いお年をお迎えください。

                                                     合掌


法話アーカイブ 


Copyright (C) 徳臧院. All Rights Reserved.